Home

グラフィックデザインの仕事

新人さんはお得です

どのような職業に関しても言える事かもしれませんが、グラフィックデザインの様な技術職を行いたい場合新人さんが断然有利でお得のようです。新人さんは何にも染まってない無垢の感じがありますよね。そこに実際会社に入り先輩方からたくさん教えてもらって学んでいく事は吸収もしやすいし素直に学んでいけると考えられます。一方、知識や技術を多少持っていて、自分に対して自信がある方は意外に自分の考えを曲げられず知識や技術を吸収しずらい事があり、新人さんに比べたら覚えるスピードが遅いケースがあります。また、一緒に働いている人もあの人は知ってる、大丈夫と思い手取り足取りする事はあまり無い事が多いのです、同業種で転職した場合はすこし損かもしれませんね。もちろん一概にそうであるとは言えません、全てが該当する訳じゃありません。

グラフィックデザインは技術、知識、センスはもちろん、コミュニケーション能力や素直さも必要となります。新人のケース、知識や技術は先輩方から教えてもらう、盗むなどして習得していくのがてっとり早いと思いますのでコミュニケーション能力や素直さ、理解力、読解力等、周辺の能力を習得していく事も大切となります。新人さんはたくさんお得な時期です。この時の経験や態度が後の状態を決定していくと言っても過言じゃありません。ですから、そのような時期は素直に色々吸収する様に振る舞っていけばいいでしょう。そうして一人前になったら次にきた新人さん達にも同じ様に接し、お得感をあげましょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザイナーはアルバイトでも出来るのか

若い方にカッコいいと思われ、花形的仕事と言う印象が強く、とても人気が高いのがグラフィックデザインの仕事ですが、実際の仕事は、華やかなのは仕上がった物を見る事位で作業自体は地味で地道な作業がたくさんあるのが現状です。仕事も残業も休日出勤も多く、プライベートな時間をなかなか取れないようです。また知識が無い様な未経験の人を採用してくれる仕事場は少なく、グラフィックデザインの仕事で働きたい場合、知識や技術を最低限身につけられる専門学校等で学習してから就職をお願いするのが基本だと言われています。また、PCを使用したデザイン作成がメインで、PCのソフトを使い、自分だけが表現できる作品を作成する事が可能です。これは作り甲斐が有るでしょう。

アルバイトとなるとこれほどの作業を与えられるほどの知識は無いと思われる事が多く、なかなか実践では雇ってもらえず、雇ってもらえても雑用ばかりを頼まれると言う現状が多いようですが物は考え様です。雑用をこなし、先輩達がどのような仕事をしているのか、どのような言葉を使って何の仕事の進め方をしているのか、そう言った事を見る事が可能です。それが経験となりあなたの身になり、将来的に就職に有利になる可能性もあります。実践では無理ですがグラフィックデザインの現場で片隅でも働く経験が積めるのがアルバイトの利点でしょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザインはこんな人に向いています

どのような方にグラフィックデザインの業務が向いているのでしょうか。根本的にグラフィックデザインは自分で考え出す必要のある仕事です。その内容に興味、魅力を持って、グラフィックデザイナーになろうと考えている方はかなり多いようです。グラフィックデザイナーに向いている方は、デザインを考える事が好きで苦にならない方、自分の持つセンスに自信がある人、たくさんの意見を取り入れる事が可能な人などが挙げられます。

その中で、センスについてちょっと挙げてみたいと思います。世の中の物でセンスが求められる所とは意外に多いでしょう。センスや技術がある人はポスターとかのレイアウト、本の表紙、たくさんのシチュエーションでグラフィックデザイナーとして活躍する事が可能です。もっと異なるシチュエーションでもセンスや技術が有れば活躍可能になれるかもしれません。このようなセンスが求められる業務にはグラフィックデザイナーの他に、カラーコーディネーター、Webデザイナー、CGクリエーター、等幅広い分野があります。

また、このような職業で働いていく為にはセンスの他、パソコン、特にマッキントッシュの使える技術も重要となってきます。グラフィックデザインをするには、お医者さんのように国家資格が必要ではありませんので誰でもなろうと思えばなれますが、センスや技術、パソコンスキルなんかに抵抗なく出来る方が向いているのではないかと考えられます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザイナーへの転職

クリエイティブな業種として人気があるグラフィックデザインの業務ですが、グラフィックデザインは物を製作しますが、あくまでもクライアントの意向にそった作品を作成するのが仕事となります。自分本意の作品を作るのとは訳が違うのです。そこが芸術家とグラフィックデザインの異なる点かもしれません。限られたスケジュールの中で何度もクライアントと話し合い、修正し、やっとのことで満足いく作品が仕上がります。この途中、きっと何回も理想と現実のギャップに悩み、自信を無くし頑張ろうと思ったりする事でしょう。そのような大変な状況を乗り越えて作品を納め、それが世の中に発信されていく感動は大変さにも変えがたい物が有るでしょう。このような大変な状況をたくさん経験していき、いつかは引っ張り凧のグラフィックデザイナーになってやると意気込む姿はかなり魅力的です。

グラフィックデザインの業務は個人が持っているセンス、感性も重要ですが、知識や技術も重要です。経験で学んでいく事も必要ですが、本を読んだりたくさんの物を見たりして学習していく事も重要です。グラフィックデザインの仕事は技術職のため、異業種からの転職はかなり難しそうですが、ようはやる気の問題だけです。大変ですが努力は報われます。今の業務も好きだけど、もっと自分に技術を身に付けたいと考えている方、実際は大変ですが、やってやれない事はないでしょう。頑張ってグラフィックデザイナーになってみてはいかがでしょう。

グラフィックデザイナーになるにはどうしたら良いでしょうか

将来の仕事としてグラフィックデザイナーになりたいと考えた時、どうすれば良いでしょうか。グラフィックデザイナーとは商品のパッケージ、ポスター、広告、チラシ、等を色彩や構図を使って表現し、更に心理学を取り入れ、人々を引き付ける作品を作り上げる仕事をする人の事を指しています。現在、グラフィックデザインを作る為にはPCを使用するのがメインとなっています。こうしたグラフィックデザイン用のソフトをどのように使いこなせるかもグラフィックデザイナーとしての必須条件になってきています。このようなグラフィックデザインを必要としているのはたくさん有り、チラシ作成、雑誌の広告ページ、商品のパッケージ、本の表紙、等、挙げたらキリがない程多くあります。このようなデザインの要望を汲み取り、消費者に対してどのようにデザインを以って伝達可能か、それを考えて行かなければなりません。ではグラフィックデザインを作るグラフィックデザイナーにはどうしたらなれるでしょう。

まずは美術大学、専門学校、芸術大学、等でグラフィックデザインの知識や基本的なスキルを学習します。そののち印刷会社、グラフィックデザインを扱っている会社、デザイン事務所等に就職します。これでグラフィックデザイナーとしての足掛かりが出来たようなものです。もしそこで経験を積み、技術以外のことも学び、自信もついて来たら独立もいいでしょう。グラフィックデザイナーとして仕事をしたいのであればそれなりの努力が必要となります。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザインの仕事状況

その道のプロになる事はかなり重要な事ですが、グラフィックデザイナーとしてグラフィックデザインの業務だけを専門にやっていくのはかなり難しい事だと考えます。大手の会社で業務を行うのならいいのですが、小さい会社や個人で業務でやっていくのは大変でしょう。今はグラフィックデザイナーの仕事はグラフィックデザインを考えるほか、Webデザインも可能な方が良いとされています。時の流れと共に紙媒体での需要からWeb媒体の需要に移っている現状が有るからです。

独立し、グラフィックデザイナーとして成功を望むのであれば、Webでのデザイン、Web上でのコーディングスキル等も持った方がアピールポイントとなるんじゃないでしょうか。元々グラフィックデザインのスキルを持っているのであれば、Web上での表現を参考書等を利用して学習してもいいでしょうし、実際に作っていってみて技術を叩き込んでいくのもいいでしょう。ただ、与えられた問題を黙々とこなしていっても、実践で役に立つかは不明です。その為にも勉強する時には実践さながらの手法を取ったほうがいいでしょう。グラフィックデザインの業務も時の流れによって変化してきています。そのような時代の波に取り残されない為に、やはりグラフィックデザインの技術の他、グラフィックデザインに活かせる技術も習得していく必要が有るでしょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザインは常に最先端かもしれません

実際グラフィックデザインって何でしょう。と言われるとちゃんと答えられる人は少量ではないでしょうか。グラフィックデザインは、平面(紙・画面)に文字や写真、図等をデザインを考えてレイアウトし、そこにメッセージ性を入れてデザインするものです。例としてあげれば商品ポスターや演劇のポスター、スーパーや家電量販店のチラシ等です。紙、印刷からWebへと媒体は変りつつも、私たちに魅力的な情報を出してくれるグラフィックデザインは時代の最先端をいっているのでしょう。

例として挙げれば、演劇のポスターやパンフレットを製作したとします。一色で作成していたりインパクトが有ったり、時代毎に変化していたり、かなり個性的な物がたくさんあります。後、有名な物としたらCDジャケットです。大体は歌っている人の写真を主にしている物が多いと考えれれますが、グラフィックデザインを使用して人の写真じゃなく文字や絵を使用し手掛けている物も存在します。このような物を作って行き、人々の目にインパクトのあるデザインが作れると言うのは素晴らしいし、常に時代の最先端をいって製作する物です。他にも色々最先端で作成しているグラフィックデザインは有ると思います。中でたくさんのグラフィックデザインを見てみると単なる文字がアート化しているものは面白いと思います。はじめは地道に地味な仕事から開始し、徐々にスキルアップして最先端の仕事が出来る様に頑張りましょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザインの需要はどうなっていくのでしょうか

現代、流行の変化は早いですよね。また、たくさんの便利な物が次々と出て来ていて、生活も便利です。そうなると現在まで当たり前の様に使われていた商品が、いつのまにかなくなっていたなんて事もたくさん起こってきています。例えばインターネットの普及により新聞や雑誌に掲載されていた広告が少量になって来た様にも感じます。また、iPod等が増えてきてCDを買う時代から借りる時代へと変わってきている様にも感じます。もちろん仕事も色々と変わってきていると思います。需要の方向がドンドンと変化してきているのです。

ではグラフィックデザインについてはどうでしょうか。この仕事については需要はそんなに変化しないのではないでしょうか。例をあげればチラシやポスター等の需要は減らないでしょう。雑誌や新聞の広告を始め、コンサート、演劇等のポスター、企業のチラシ等、まだ紙にこだわる媒体も多く有ります。また更に次々とでてくる新商品のパッケージデザイン等もグラフィックデザインの業務ですので需要は増加していくのではないかと感じます。更に紙の他Web上でもグラフィックデザインが必要な仕事は多く有ります。

グラフィックデザインは時代の流れにうまく乗りながらも、うまく順応し、最先端を常にいく仕事ですから凄い仕事だと思います。紙媒体からインターネット媒体へ。そのような変化についていける。だからこそグラフィックデザインの需要は増えるのでしょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザインはやり甲斐が有ります

デザイナーの仕事の1つに、グラフィックデザインを行うグラフィックデザイナーと言う仕事が有ります。デザイナーと名前があるだけあり、芸術的、センスが問われる業務だと思います。自分は芸術も好き、センスもある方だと思うのでグラフィックデザインをやってみたいと思っても、実際に仕事となると話は別になります。一から教えてくれる職場はなかなか無いと思われます。就職が楽にできた人と言うと、グラフィックデザインの専門学校を出た方のようです。基礎知識や少しの技術がある分、即戦力になります。また、美術系の大学に行った方でも即戦力にはならなくてもデザインを少し習っていたほうが、何にも知らない方よりは習得しやすいでしょう。

実際の作業は紙に書くよりも、MacやWindowsにインストールされたグラフィックデザインのソフトウエアを使って行われるのが大多数でしょう。有名なソフトをあげると、イラストレーター、フォトショップ等です。このようなソフトを使ってチラシやポスター等を作っていきますが、先ずはこのソフトを使いこなせなければなりませんので、勉強する必要があります。このような仕事は大きな会社なら良いですが、小さい会社なら自分で仕事を取得するアピール力、セールス力も必要です。技術やセンスの他こうしたコミュニケーション能力も重要になりますので、意外にやり甲斐があり、楽しい業務だと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グラフィックデザインのプロになる為に2

グラフィックデザインのプロになる為には、最低限必要な要素が有ります。その要素がないより、持っていた方が、仕事もしやすく、プロまで仕事がやりやすいと思います。はじめに思う事は、センス、技術、仕事をする上での技術面がありますが、ここではそれ以外の事についてあげてみたいので是非参考にしてみて下さい。

【コミュニケーション】
グラフィックデザインを作るのはコンピューターを使用しての作業が主になりますので、作品を作成している最中は1人での作業になり、あまり人との関わりが無いかのように思いがちですが、クライアントが意図している事を引き出して自分の作品に活かすには、必ずクライアントとのコミュニケーション能力が必要になってくると思います。人の気持ちを理解でき、自分の考えをだしてこそよりよいグラフィックデザインが出来あがるのです。

【プレゼンテーション】
自分が作成した作品をクライアントに売り込むには、作品をアピールする為のプレゼンテーションの能力が必ず必要だと思います。技術力ばかり長けていても、アピールする能力が無いと、何を表現しているのか何を表現したいのか分からないのです。このような技術力もグラフィックデザインのプロになる為には欠かせない要素なのです。

上記の様な要素を念頭において是非グラフィックデザインの仕事をしてみましょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top